月別アーカイブ: 2016年6月

トイレで用を足すことへの子どもの感覚

ショッピングセンターへ家族でお出かけしてる時に、主人がトイレに行くというのでついでに私と子どもも行くことにしました。
そしたら、ちょうどベビーカーや車椅子で入れるトイレの部屋が空いたのです。
下の子はショッピングカートに乗せてたので、ここに入っちゃえばと主人から言われてそこに行きました。

上の子も下の子もそのトイレで用を足して、私もその後にそこで用を足しました。
すると、3歳になった下の子から、パパは何でいないの、と言われました。
私がトイレで用をたす時にパパいたら恥ずかしいでしょう、と言ったのですがあまり分かってない様子でした。

そりゃ、下の子は自分が用を足す時にパパでもママでも長男でもいる時がほとんどなので、見られてる中で用を足すのは普通の感覚なんですよね。
自分の、まだ小さい子どもなら良くても、それ以外の人に用を足す時に同じ空間に居られるなんて恥ずかしいものだというのはやはり分かってないのでしょう。
その場に主人に居てもらうなんてとてもじゃないけど私は無理なので、その言葉にはすごく焦りました。
いつ頃からその感覚が理解できるのかな、と思いますね。

人妻 出会い