月別アーカイブ: 2016年8月

リオデジャネイロ五輪をみて感じること

猛暑でどこにも行く気がしないのでテレビをにていますが今年の夏はリオ五輪があるので、日本選手の活躍を毎日みることができるので暇つぶしになります。
前半で感激したのは団体の男子体操と個人の内村航平の活躍です。

内村航平の最後の鉄棒の演技はスピードとキレがあり最後の着地も完璧でとても演技中に腰を痛めていたと思えないほどです。
2位の選手も悪くはなく点数も意外に低かった気がしますが、インタビューで清く負けを認めていたところが久しぶりにスポーツマンシップという言葉を思い出しました。

卓球の福原愛や水谷隼の活躍も素晴らしく日本人選手が活躍するとうれしくなりますが、団体競技での選手同士の友情や目標に向かう一体感も日本人ならではの光景を目にしています。

福原愛が3位決定戦の相手は石川佳純を破った北朝鮮の選手ですが対戦した時の情報を教えてもらえれば有利になりますが、傷を深めるということで石川に気づかいをみせたところや、まだ結果はわかりませんがバトミントンの男女とも見事なチームワークをみせているので日本人の協調する力がうまく機能しているように思えます。

看護のお仕事で転職する

私の最近の趣味

一人で釣りに行く事は私が最近ハマっている趣味の一つです。釣りは、5年前の学生の時に釣りを始めて行った時にハマり友人や家族とよく釣りに出かけていました。
最近は一人で釣りに行く事が、私の癒しになっています。一人で行く事によって、孤独を感じる事が出来て、開放感と釣りに対する情熱を注ぐ事が出来るからです。気楽にのんびり釣りができる事も大きな一人釣りのメリットだと思います。

休みの日には、東京湾の堤防に釣りに行きます。そこで安い竿とリールを使ってちょい投げ釣りを楽しみます。そこで大事なのは、安い道具を使う事です。釣りが趣味な私は高い竿や道具を持っていますが、あえて安い竿で釣りを楽しみます。当然釣れない事もありますが、それも含めて釣りを楽しみます。のんびり夕方まで釣りを楽しみ、海を感じます。

地元の釣り人と会話して情報交換を楽しんだり、最近では、仕事のストレスと都会の喧騒を忘れる為に行き、自然を満喫しています。
熟女に出会いたい

山口達也さんの離婚について

ニュースで観たのですが、トキオの山口達也さん離婚されたそうで本当驚きました。
ジャニーズでは異例と言う事で、結婚されている方も少ないと言う事もあるからか
もしれませんね。でも結婚するのも難しいと言われているジャニーズなので離婚は
本人にとっても結構大きい事だったのではないかとも思いますね。でもお互い話し
合いに末の結果と言う事で決断された事なのでこればっかりは仕方のない事でもあ
りますね。それに記者会見でも話されていましたが、離婚についての話がもう3年
前位から出ていた事みたいです。多分お子さんも2人いると言う事で時間をかけ十
分考えられたのかなと思います。また離婚するにあたって親権の方は奥さんが持つ
事となり養育費の方は山口さんが持つと言う事で話が進んでいるようですね。それ
から離婚後もお子さんとは普通に会ったりとそこのところは仲良くやっていきたい
との事でした。今って本当離婚しても友達のようなお付き合いで仲良くされている
方を多く見るのでこれはこれで割り切っている事もありとても良い事だと思います
ね。なのでこれからもお互いにとって良い関係性であると良いですね。30日間無利息

在宅ワークではこんな仕事が出来る!

宅ワークでは、多種多様な仕事を請け負えます。特に、データ入力の仕事は、顧客名簿、アンケート、議事録などのあらゆるデータを入力」していく仕事です。

基本的に単純な作業がほとんどなので、未経験でも請け負うことができ、特別な技術は不要として求人をしているところが多いです。資格や経験がなくても、すぐに慣れることが出来るので安心して取り組むことができます。

在宅ワークの中でも、文章力がある方には「ライティング」もお勧めです。ライティングは、決まったテーマの記事を決まった文字数の中で執筆して納品するもので、記事の出来や文字数によって、報酬も変わってくるのが特徴です。

最近では、SEO対策に考慮した記事が望まれていて、クライアントから特定の記事やキーワードを必ず表題や記事中に盛り込んで欲しいというオーダーがありますので、クライアントの要望に沿った文章の作成が必要となっています。いかにニーズに対応できる文章を書くことができるか、それが在宅ワークでの成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。
格安スマホを買う

学歴秀才はコミュ症が多いと最近気づく

私の趣味は、早押しクイズです。
早押しクイズは、昔なら、アメリカ横断ウルトラクイズが有名ですが、
現在は、ガチな早押しは、高校生クイズとアタック25しかないでしょう。
タレントが参加するクイズ番組は増えてはいるが、問題の途中を聞いて、答えを出す、という、早押しクイズの醍醐味を感じ取れる番組、コーナーは少ない。
ゆえに、早押しクイズは別名競技クイズとも呼ばれ、
普通の人が知らない、サークルの仲間の集まりで、戦いは毎週のように行われている。
私は高卒の学歴で、しかも、勉強を全然しなかった。
それでも、自分の努力で、現役の大阪大学・京都大学・東京大学の、
いわゆる学歴秀才たちと、勝ったり負けたりの、クイズ勝負ができている。
彼らは、確かに頭はいい。
しかし、私が強く感じたのは、学歴秀才の人の半数が、
普通の会話ができないことだ。
特に、女性とのコミュニケーションがありえないくらい下手くそで、
消極的な人はまだいいが、メールやLINEを女性に聞いて、
毎日、意味不明なメッセージを送信して、嫌がられたり、
親しくもないのに、いきなり、一泊旅行に誘うという、異常な行動をする。
コミュ症とは、いいすぎかもしれないが、勉強ができても、会話能力は低いと、常々感じます。引越し 見積もり